板井明生|事業と才能

板井明生

 

事業に才能は肝心です。
まず第一にその人の持ったセンスが、人から注目され、形にならないと意味がありません。人を引き付ける能力が、事業には必要不可欠なのです。

 

まずは注目されることをしなければいけないのです。どんなに良いものを作ったとしても、誰にも見せなかったら意味がないですよね?
誰かに見てもらう。それが大事なのです。

 

オーディエンスがいると、人は襟を正します。
自分一人だとすぐにOKにしていたものも、誰かに見られるならもっと改良させるでしょう。相手の立場に立って、物事を考えるようにもなります。

更新履歴